こんにちは♪ 
ニットの伸びるチカラで
「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」
をモットーにする

「アパレル界のニット姫」こと工業ニットスペシャリストのインプルーヴです。

さて、今日は・・・
ニットの無限の可能性へのワクワク、とまらないよね~!

というお話を(´-`*)

こんな風に仰ってくれたのは、
先週末に当社の活動「ニット姫プライベートスクール」の
マンツーマンクラスの初受講者さんです。

「ニットの無限の可能性を感じ、ワクワクしています!」

実践コース54アンケートより

【ニットの無限の可能性】をシェアできて嬉しい限り~~~(´-`*)

これは、実践コース54の講義中の、
1種類の糸から繰り出せるニットの可能性について
本数取りアレンジ×編機のゲージ×ニット/タック/ミスの
針の動き・構造の講義の後に
それらを掛け合わせた編地バリエーションを
実際の編地資料でお見せしたときの感想です。

実際にその手に取って、その編地の厚味のちがい、
柄のちがい、同じ柄でもゲージで見え方が全く変わること…
などを当に肌感覚で感じてくださったんですね^^

実践コース54 テキストとアンケート
実践コース54 テキスト「番手換算式~自動編機ゲージとの相関について」項

この日の講義時間は3.5時間。
上記「実践コース54」2時間に加え、
その実践コースを理解するのに必要なベースとなる
「基礎コース4.5.12」(各30分)の1.5時間をセットにしました。

基礎コース4 テキストとアンケート

基礎コースは概ね30分で1コンテンツとし、
ご自分の知識・スキルが弱いなーと思う項目を
自由にお選びいただけるよう考慮しています。
なるべく沢山の迷える子羊(笑)の伴奏手となれるよう、
最低1時間から単体で気軽にお申し込みいただけるようにしています。
勿論、入会金なども一切ありません。
加えて、インプルーヴ・オリジナルのテキスト付です♪

基礎コース5のテキストとアンケート

この度の受講者さんのお悩みは、

 ー自分の理解がはたしてどこまで正しいの、
  ニット製品を手掛けるにあたりどこまで理解できているのか、
  自分は何がどこまでわかっていて、どこがわかっていないのか、
  ーが分かりたい

とのことで、「実践コース」のコンテンツを主軸に
全40コースのカスタムメイドでお申込み下さいました。
このような、自分のスキルに確信が持てずになんかモヤモヤ~っと
している人、少なくないんじゃないかな。
理由は、ニット専門で学べる「場」が極めて少ないから。。。

基礎コース12のテキストとアンケート

OM学園さんからのオファーを請けたのがきっかけの講師業、
ニットの専門スキルを普及する活動を始めて今年で3年目。
上田安子服飾専門学校さんでも講義したり、
一般企業(アパレルOEM)からの依頼で企画スタッフさん
(デザイナー・MD)向けの専門講師を請けるようになり、
感じるのは、
業界だけでなく隣接業種など本当はもっと深く学びたいのに
「どこに行けば学べるのかわからない…」と
悩んでいる人が結構いるんじゃないのか?と。

それで開設した【ニット姫・プライベートスクール】。

…とはいうものの、マンツーマン講義依頼は初めてだったので
内心ドキドキ~ ^_^;

しかも、今回の受講者さんは過去に織物のテキスタイル会社で
お勤め経験もあり、現在草木染作家としてお教室も運営
されているという全くの素人さんではありませんので
(私の知識がどこまでお役に立てるだろう…)とー

そこで、よりご満足頂ける講義にできるように
次回以降の内容の組立に活かすためのアンケートをお願いしました。

基礎コース5 アンケート結果
基礎コース4 アンケート結果

一応、概ねご満足いただけたようで一先ずほっとしたと共に、
講義終了後にこんなお話しをしてくださいました。

 「今日1日だけでも、いままでボンヤリしていた曖昧な部分を
  体系立てて聞けて、色んな事がクリアになりました。
  この講義を修了したら、きっともっと仕事に自信が持てる自分に
  になれると思えます! これからもよろしくお願いします」とー

基礎コースアンケートより

基礎コース4で「ニットの良さ」について話した時に、
その「良さ」は、手に取って下さる方にとって
「どのようなベネフィット」となるのかーという所まで
もう1段掘り下げて相手の視点で考えることを意識して話したことを
受講者さんにも響いていたようで、
アンケートのコメントからそれが覗えて嬉しく思いました。

ものづくりを生業にする側は、ともすればついつい自分達目線で語ってしまい、
無意識に押しつけともいえるアウトプットになりがちですが、
やはり大切なのは、その相手にとってどんな良いことが訪れるのか…
又は受け取ってもらいたいのか。GIFTの想いじゃないのかな、と。

そんな思考が無意識に反射神経の様にできるようになったら、
その相手を思う気持ちはきっと伝わるんじゃないかなーと
思うんですよね(*^^)

折角当社が手掛けるのですから、
単にニットスキルをお伝えするだけじゃなく、

「なぜ、″ニット”を選んだのか。手掛けたいのか。」
「”ニット”のものづくりを通して、何を届けたいのか」

これは、自分にとっての永遠のテーマなんですが、
折角学びに来てくださる方には
その方の本質についても想いを馳せられるような、
そんな講義を心掛けたいと思っています。

それが「ニット姫」からしか受けられない講義だと思うので(´-`*)

この受講者さんにも
【自分(の仕事に)自信・誇りを持てる人】
40講義後にはそうなってもらえるよう、がんばります!

improve編集部
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です