こんにちは。
明日は関西も台風上陸との予報ですが大丈夫かなーなんて言いながら
明日の夜も友達と酒席の約束してしまってるImprove@Suzukiです。

今日も暑かったですねー。
今朝は、大阪のS精機様の商談スペースにてクライアントさんや
ニッターさんとのミーティングでした。

普段、自宅⇔オフィスが徒歩の私はなかなか読書の時間を取れず、
こうしたちょっとした移動タイムがチャンスです^^
今日も電車に揺られるなか、最近買ったこの本を読んでました。


「クローゼットの中の憂鬱 ファストファッション」
という題名。
著者は「エリザベス・L・クライン」という人。

内容が業界内の事なので、頭からではなく、興味あるテーマの章からツマミ読み
してるのですが、最初に選んだ章は「ファッションのこれから」という
最終章ー。何と締めくくりから読み始めてしまいましたw

この中には何度もエシカルという言葉が出てきます。

エシカルー
一時期流行りましたね〜 言葉が。。

皆さん、イメージは色々お持ちだと思うのですが、
私はここに書かれていた一文に素直に反応・納得しちゃいました。

「どんな素材を使おうと、スローファッションはそれ自体、
本質的に環境に優しい。同じデザインのものを少量しか生産しないからだ」

ファッションはもう大量生産に振り回されずに生活するところまで
成熟を求められていると感じるので納得します。

いきなり、締めの感想からではさっぱり???とお思いかと思いますが、
スローファッションについて推奨する私としてはとても好感が持てました。
(今はまだ最終章のみの感想にとどまりますが~^^;)
そして、改めて私達作る側のスタンスも、もっと信念と責任を持って供給しなきゃ…
と感じさせてくれる一説でした〜

次は、第三章
「高級ファッションと格安ファッションの意外な関係」に入りますw

気が向いたら、続きについても書きたいと思います^^

improve編集部
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です