こんにちは 『インプルーヴ』 です。

2014年に入って3回目の【火曜Lesson】に行ってきました。
今週から、いつもの伊藤史先生が戻って来られ、
よりバレエモードの濃いレッスンスタイルに戻りました☆
 
久々の史先生のレッスンで身体が起こされた気分ですが、中でも特にキツかったのはピルエットの前段の
片足で立つ練習~( ;∀;)

両足のドゥミプリエからドゥミポアント(爪先立ち)になって片足にしっかりと体重移動をして
パッセの型を作る。。これを繰り返すと、脹脛がプルプル~ッ^^;
特に脚をパッセに持ち上げてくるときにしっかりと付根から外転させる訓練が重要との事で
これが又難しいのです。。頭ではわかってるんですけどね、身体が付いて来ん~っw

そんな今日のレッスン着はBerrys’Lineのリボンプルオーバー巻スカートの「ジュリエット」

…そう言えば、商品への質問で最近よく聞かれるのが「ニット製品ってだけど取扱いが難しそうなんですが、
お洗濯お家でできますか?」。

其々の商品毎に個別の取り扱い方法はもちろん記してあるのですが、どうやらそれでも(ほんとに大丈夫かな…)
って心配されている方が結構いらっしゃるって事なのかもしれません~。

ーそれで、今日は今日のレッスンで着用した後の私のウェアの写真を公開しようと思ったのですが、
大きな声では言えませんが、実はワタクシのウェアは毎週レッスン後の夜に全自動洗濯機に普通の
Tシャツやパジャマと一緒にぐるぐる回しています(/ω\) あ、勿論自己責任でですよ~っ(/ω\)×2
ー?! あ、流石にネットは使用してます。でもオシャレ着洗いモードとかではありませんw
…その上、、、毎回タンブラー乾燥機にまでかけて、完全乾燥させてしまいます(/ω\)×3

それを毎回繰り返してるので、最近プルオーバーの方が流石にちょっと表面がピリングっぽくなって
きました…

この実験?!
の結果、「ドラム型全自動洗濯機で凡そ2年乾燥機まで使って粗雑な洗濯を繰り返すと
少しピリング現象が起きる」
というのが解りましたw でも未だに縮んではいないみたいです。
我ながら、ナカナカ強靭な商品を創っています^^;

ね?全然シワになっていないでしょ?
皆さんは私の様な乱暴者ではないでしょうから、脱水後に平干しすればアイロンしなくても着れると思います(^^)v
手間いらずですよね♪ その上、カットソーより型崩れもなく長持ちもしますので、そういう意味では案外リーズナブルなんですよ~♪

スカートの方は購入したのがプルオーバーより最近なので、まだ半年程度のストレス具合かもしれませんが、
やっぱり縮みは今の所発生してません☆
加えて発見したのは、この素材「皺になりにくい」「…いや、皺が伸びやすい」…という方が正確かな。
下の写真は、先ほどレッスンを終えて洗濯物を入れる袋に無造作にクシャクシャのまま詰め込んで会社に
戻り、このブログを書くのに思い出して袋から引っ張り出してきた状態です。

あ、最後に繰り返しますが、私はあくまでも自己責任で粗雑な扱いの洗濯機モードにしていますが
皆さんはお店の推奨方法でどうかお洗濯下さいませねー。
そしたら、私のよりウンと長くキレイなままレッスンを楽しめます(^O^)/


最後のオマケ写真は、このプルオーバーの着方張り絵の写真です。
肩線のラインが中心になるようにも着れるので、そうすると又違うニュアンスのプルオーバーに変身しますw

improve編集部
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です