こんにちは。 『インプルーヴ』 です

3月は何かと立て続けに新しいイベント事が多くてんやわんやで
久し振りの投稿になってしまいました~( ..)φ
…と、言い訳^^;

ちょっとご無沙汰している間に、神戸はすっかり桜も終盤…
今年はじっくりお花見の機会無き間に終了。。。 でも、寒いですね、まだ。

そんな花冷えの春の中、お昼のラジオニュースで2月にローザンヌ国際バレエコンクールで
優勝した二山治雄さんが、ニューヨークで行われたYAGPの最終審査でも
15~19歳男子部門1位に選ばれた!と快挙のニュースが聴こえてきたので
早速ググってみました!

今年2月のローザンヌ2014の時に日本人が1.2位を独占し、6位に狩人のお兄ちゃんの息子さんが
入ったという事で、日本人のバレエ水準の高さに注目があつまりましたが、
あの時の二山さんが、グランプリは逃したものの、アメリカでも認められたのですね☆彡

2月のローザンヌで優勝した時の二山治雄さんの動画も出てきたので、観損ねた方はどうぞ^^

…この、YAGPと言えば、前回は知人の娘さんが日本代表に選ばれ出場し、その経験をステップに
今ロシアのバレエ団に留学しています。

今、二山さんの記事をググってて、ふとそのお友達の娘さんの事もどっかに載ってないかなーと
思って検索してみたら、チャコットさんのバレエ情報HPに彼女についての記述と写真を発見☆彡
嬉しくなっちゃったので、以下転載…♪

「…230番、日本から参加した岡野祐女は『眠れる森の美女』よりオーロラ姫のヴァリエーション
を踊りました。
歩いて出てきてセンターでポーズをしただけでお姫様の雰囲気が漂っていました。
初めの後ろに上げたアチチュードのポーズがとても美しく、両足を揃えてスッスをしたときの
ポワントの足もピタリと重なっていてとても美しかったです。…」

彼女は中学生の時の職業体験授業で当社に来て、1週間ポアントコウベのスタッフ
を体験をしてもらった縁もあり、会社をあげて陰ながら応援の気持ちで見守っています^^
今回の二山さんも、この後すぐに世界への階段が約束されている事でしょう!

こうして、年々若手の日本人ダンサーが世界に羽ばたいていくのは
本当に素晴らしい時代が来たな~!と思います☆彡

みんな、がんばってね~\(~o~)/
(…バレエへの造詣薄っぺらくても、嬉しいものは嬉しいのです^^;)

improve編集部
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です