こんにちは。貴社のジャストスペックを追求するImprove@Suzukiです。

今、当社がお手伝いしている案件の一つにレインポンチョというのがあります。
ニットの企画を専門にする当社にとっては全くの専門外なのですが、
縁あってお知り合いになった社長さんからのご依頼でー
しかも、車いすの利用者用としてのご依頼です。

その社長から「要介護者さんの車いす用のレインポンチョは
着る人のこころがわかってない。人は荷物じゃない。今のぐるっと
包むみたいなんじゃなくて、雨の日でももっと晴れ晴れした気持ちで
出掛けられるレインウェア作りたいねん。
でも、僕はアパレルのものづくりわからへんから手伝って欲しいねん。」
ーと言われたら、手伝わない訳にはいきません^^

ただ、今回のご依頼は自分が今まで培ってきたファッション目線の
ものづくりでは、この社長が喜んでくれそうな見た目のポンチョは
デザイン出来ても本当に使う人にとって嬉しい心遣いがなされてなくては
真の意味がないと思い、社長には頼まれていませんが勝手に色々周りの方々
に協力をお願いしてお力をお借りし、約100人の車いす利用者さん、
又は従事する介護者さんからのお声を集める事ができました。

中にはとても丁寧に意見を書いて下さっている方や、恐らく筆記が不自由
そうな方が一生懸命応えようとして書いて下さったのが、アンケート
用紙の文字からはっきりと伝わってきて、とて有難い気持ちになりました。
この場をお借りして、心から御礼を申し上げます。

漸く内容を纏めてみると、既存の商品への不具合は
機能・スペック・感性の3つに大別でき、
・着脱機能性 ・着用快適性 ・装着時安全性
・スペック/サイズ ・スペック/収納 ・感性
に対する意見でした。

中でも心に響いたコメントは、
「レインコートはダサい」「見た目の状態が悪そうに見える」。。。
こちらの2名は高齢者というより障がい者の方のご意見でしたが、
とても良く理解できます。

これらを始め沢山いただいたご意見・アイディアを基に、
皆さんが雨の日にでも「心は晴れ」になるユーザーにとっても提供者に
とってもジャストスペックなレインウェアをデザインしたいと思います(^_-)-☆

improve編集部
お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です