ー 2017年8月24日

Workshop PARTY 2017 Summerに参加します

こんにちは♪

お盆休みが明けても一向に涼しくならない、まるで香港のような
湿度高い神戸ですが、
皆さんのところは如何ですか?
今年は関東はとても涼しいらしいですね。
雨が多いのは困りものですが、涼しいというのは羨ましいです^^;

ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」
をモットーに、一般の方からのオーダーメイド~大手アパレル・OEMメーカーでは
対応できない極小ロットのニット商品の生産アドバイスを含めた日本製、海外生産の企画など、
ニット商品企画・単なるデザインだけではない、あなたにとってのジャストスペック・サポートを提供する、
ニットのデザイン・企画という専門分野のスペシャリスト・
『インプルーヴ』 のニット姫です

『長いと思った夏休み。
なのに、あっという間に8月は終わってしまいます。
思い出作りできたかな。
さて、今からどうしよう。。。』

皆さんのお子さんの夏休みももうすぐ終わり。
夏休みの宿題は完ぺきですか?
私の子供の頃は、図画工作だけは好きで最初に終わってましたが
他の読書感想文とか、算数ドリルとかが最後の最後まで億劫で~^^;

でも、同級生の中には真逆のお友達も当時クラスにはいっぱいいましたw

そんな子供たちの(親御さんの?!w)お悩み解決するイベントが
ニット姫のお城があるKIITO内で行われます。

Workshop PARTY 2017 Summer

Workshop PARTY (ワークショップパーティー)は、神戸を中心に活躍するアーティスト・クリエイターが
一同に集まり、手軽にいろいろな体験ができる、夏休み最後の週末に親子で楽しめるお助けイベントです。

こちらの主催者でもあるOniceさんと、KIITOがきっかけで先日知り合い、意気投合♬
【インプルーヴニット倶楽部】の拠点があるKIITOでのイベントなので、私たちもワークショップで
協力させていただくことになりました♪

ワークショップの内容は、先日出展協力させていただ『ファミザニア2017』
でも小さな子供たちに好評だった【変わり毛糸を組合せてつくる
ニットポンポンのヘアゴムつくり】をワンコイン¥500で提供させて頂きます。

普段皆さんがイメージする一般的な「毛糸」とはひと味違った、海外製のキレイな色のものや
変わった形状の糸など沢山ある中から、子供たちの感性で自由に組合せてつくる、
まさに世界に一つしかないニットポンポン!

まるで、絵の具の色を組み合わせるかのように選ぶのがとても楽しいワークショップです(#^^#)

あ、このポンポンつくりのワークショップは、子供たちだけじゃなく、大人の参加もOKですよ^^
おとなの方なら、お手持ちのバッグに付けるチャームにしたり、
ラッピングのリボン代わりにポンポンごとプレゼントにしたりも喜ばれます(#^^#)

ギフトラッピング例

夏休み最後の日曜日、「どこに遊びに行こうかな~」なんて思っている方、
宜しければと一緒にニットポンポンつくりましょ(^_^)/

Workshop PARTY 2017 Summer

ー 2017年8月7日

ファミザニア2017参加してきました!

こんにちは。
ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」
をモットーに、一般の方からのオーダーメイド~大手アパレル・OEMメーカーでは
対応できない極小ロットのニット商品の生産アドバイスを含めた日本製、海外生産の企画など、
ニット商品企画・単なるデザインだけではない、あなたにとってのジャストスペック・サポートを提供する、
ニットのデザイン・企画という専門分野のスペシャリスト・
『インプルーヴ』 のニット姫です

先週末の8/4、前回のBLOGでご紹介した「第12回 ファミリーホーム全国研究大会inOsaka」
のイベント、ファミザニア(なんちゃってKザニアw)にデザイナーの
職業体験ブースとして参加してきました。

全国のファミリーホーム事業者さんがシンポジウムを行っている間、
子供たちはこの「ファミザニア」イベントを通して、世の中に色々ある
職業について体感してもらおうというもので、横断幕には「みんなで描こう未来予想図」と掲げられていました^^

当社ブースは、当に【ファッションデザイナー】の王道、
デザイン画を実際に描いてみよう!という、ちょっと大きな子ども向けと、
小さな子ども向けに、変わり糸を選んでつくる【ニットのポンポンヘアゴム】
コーナーの二つのコンテンツを用意しました。

デザイナー体験コーナーには、私たちが普段使っている専用の画材などを
そのまま持っていき使ってもらいました。

デザイン画体験は、予め用意した下絵2種類の中からパンツスタイル用か
スカートスタイル用かを選んでもらい、その下絵の上に鉛筆描きで
好きに服をデザインしてもらいます。

それにペン入れをして、消しゴム掛けたら、その上に肌の部分や髪の毛
部分にマーカーで影入れ。
次に、洋服部分に好きな画材を使って着色。
最後はスタイル画の脇に自分の名前をサインをして完成です(^_-)-☆

なんと、今回のイベントのスタッフTシャツの製作を請負われたのが、バンブーの土井社長で、
私もとても仲良しの方なので急遽直前にブースシェアをして一緒に出ましょ!
ということになり~^^

お陰様でとっても賑やかなブースになりました

バンブーさんは、無地のキャンパス地バッグに、
予め用意されたステンシルを使ってペンで直に好きなイラストを描いて
持帰れるというワークショップを用意されていました^^
これが子どもたちに大人気!

みんな楽しそうに思い思いの絵を描いていました~。
ステンシルを上手に使って配置まで当にデザインしている子どももいれば、
自由奔放にフリーハンドで描く子も!

オリジナルのポンポン作りも、比較的小さい子供たちにもハードル低く
できることもあり、隙間なく参加希望者が~(#^^#)

目立つTシャツを着て写真に映っている方は、今回私一人で対応できるか
心配だったのを察してお手伝いを買って出て下さった「ナカハタサービス
センター」の中畑社長で、このイベントへの参加を薦めて下さった方ですw
ポンポンメーカーの扱いもすぐに覚えて、子供たちへの教え方もうまくて
びっくりでした。
お聞きしたら、自身もお子さん3人おられるそうで!なるほど~な対応w

さて、デザイン画を描くワークショップの方の体験希望者は全部で4人だった
のですが、4人とも目指して来てくれていたのが嬉しかったです^^

又、4人ともとっても上手でびっくり!
描画もうまいし、スタイリングのバランスも良い。
色の塗り方も、ライン取りも丁寧です。

何より、デザインを愉しそうに考えている姿が◎(#^^#)

ポンポンの方も、選ぶ糸の種類や色で、出来上がりは千差万別。
みんな世界でひとつだけの自分オリジナルのポンポンを手や髪に。

ブースの方は子供たちが途切れる間なく。
待ちかねる子どもたちを察して予定の2:00より少し早くオープンした
こともあって、終了の5:00を待たずして先ずはバンブーさんのバッグ
が材料出尽くしで終了。
その次に、当社も用意してきたヘアゴムが出尽くし、ポンポンだけでも
作りたいという子どものみの対応に^^;
(もっと用意してきてあげればよかったです~)

他のブースを見学する時間がなかなかなかったのですが、
警備会社さんの【警備員体験】とか、

貸衣裳屋さんの【ドレス着用体験】とかも人気だったみたいです。

又、今回当社と同じく「兵庫県中小企業家同友会」という団体経由の依頼で
参加されていた、神戸で有名なパティストリー、レ―ブドゥシェフさんのブースでは、
佐野オーナー自らが腕を振るって子どもたちにマジパン作りの体験を
提供されていました(´▽`*)

ーということで、子供たちが大喜びのままイベントは無事に幕を閉じる
ことができました^^

最後は、この兵庫県中小企業家同友会から参加させてもらった4社で
記念写真をパチリ(^_-)-☆

初参加の感想としては、正直もっと職業を意識するような話しかけを
してあげたらよかったなーとか、色々思う所ありましたので、次回機会
があったらブラッシュアップしたいと思います。

このイベントを通して改めて感じたことは、子供たちに自分の未来像を描く
「場」の大切さです。
これは何もファミリーホームの子供たちだけでなく、等しく子供たちに
必要な機会なのではないかと思いました。

そうすることで、色んな職業・職人の世界に就きたいという子供たちも
出てくるのではないか・・・
取敢えず大学に行ってから考えるーばかりでなく、最初から目指して
飛び込める職業も沢山あります。
そんなことをもっともっと伝えてあげられたら、ファッションデザイナーを
目指す子供たちも増えてくれたら嬉しいものです。

・・・と共に、目指してもらえて、食べていける環境をつくるのも
私たちの仕事のひとつだとも感じました。
目指させるだけというのは、あまりに無責任ですもんね^^;

ささ、大人たちも、まだまだがんばろーーー!

ー 2017年8月3日

「ファミザニア」って知ってます?

こんにちは♪ 

ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」
をモットーに、一般の方からのオーダーメイド~大手アパレル・OEMメーカーでは
対応できない極小ロットのニット商品の生産アドバイスを含めた日本製、海外生産の企画など、
ニット商品企画・デザインだけではないフルスペックでのサポートができる、
ニットのデザイン・企画という専門分野のスペシャリスト・
『インプルーヴ』 のニット姫です

さて、皆さんは【ファミザニア】って、聞いた事ありますか?

これは、ファミリーホームの子供たちに職業体験ワークショップを通して、
ホーム卒業後の自分の未来予想図を描くきっかけになってほしいと始められて
いる、
一般社団法人 日本ファミリーホーム協議会が主催する「ファミリーホーム全国研究大会
inOSAKA」のコンテンツです。

今回ひょんなご縁を頂き、(株)インプルーヴは『デザイナー』の職業体験ブース
として協力させていただくことになりました。

大会主旨には、
【子供たちが、夢や目標を描いて、未来を見て生きて行ってほしい。という願いを込めて
今大会のテーマを『DREAM COME TRUE~みんなで描こう未来予想図』としました。
子供たちの持つ「生きる力」を信じて、出来ない事や弱い所は誰かに助けてもらいながら
自分自身の人生を自分で切り開いていく。という希望を持つことに繋げていきたいと考えています。
子どもたちが自分で思い描く、未来予想図の主人公として生きて行けるようなサポート
をしたいと思い、そのためのプログラムとして、近畿ブロックで大注目の「Famizania」(お仕事体験)
を全国大会で開催し、子供たちの夢や目標を持つきっかけ作りをしたいと思います(ー略)】
とあります。

famizania2017

具体的には、比較的大きな子ども向けには、予め用意した下書きのスタイル画に
好きな服を上描きしてもらい、色鉛筆やマーカーを使って好きな色にぬりえまで
してもらって、持帰ってもらうというものです。
これは、以前神戸の中学3年生の「Kuトライやる」でやってもらったことがあるのですが
とても好評でしたので、それの簡易版を考えました^^

小学低学年以下の小さな子供たちには、ニットの変わり糸を好きに選んでポンポン
メーカーでつくるポンポンのヘアゴムつくりを体験してもらおうと思っています♪

わたしがお声を掛けて頂いた団体からは、レーブ ドゥ シェフさんが一緒に出ます。
社長自らがスタッフさん2人を連れて、「パティシエ」体験を提供。
マジパンつくりをするそうです^^

他にも、自動車整備士や看板屋・美容師・農家・ゲームプログラマー・税理士などなど・・・
実際に働いている企業が提供する職業体験はきっとリアルでしょう☆彡
出展する側としても、とっても楽しみデス。

私も、若い頃に分けあって親に頼れず、10代で独立し自力で専門学校を卒業して
今の職業に就きました。
その間には、本当に感謝してもしきれない沢山の他人の大人の人に助けてもらって
今の自分がありますので他人事に思えないところもあります^^;
ーので、その恩返しを次の世代にパスできたら・・・という想いで引き受けしました。

少ない時間ではありますが、その中から自分に向いてそうなこと、愉しい未来を描ける
様な心を育んでくれたらいいなーと思います(#^^#)

…ちょっと訳ありで只今右肩を負傷していますが、痛みをふっ飛ばして行ってきます♪

ー 2017年7月29日

【働く】ってどういうこと?

こんにちは♪
ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」をモットーに、
一般の方からのオーダーメイドから、大手アパレル・OEMメーカーでは
対応してもらえないような極小ロットのニット商品の生産アドバイスを含めた
日本製、海外生産のニット商品企画・デザインまでのフルスペックサポートもOK。
とにかくニットに特化したデザイン・企画という専門分野のスペシャリスト・
『インプルーヴ』 のニット姫です

突然ですが質問です。
皆さんにとって〝働く〟とは、どういうことですか?

私の場合の〝働く〟=仕事・役割とは、作り手と着る人の
相互の心の声を翻訳することだと思っているんですが、
そもそも〝働く〟を一言でいうなら・・・どう表せばいいんだろう?

一言で表せず言葉が、バシッとはまらずもやもやしていた私に、
-昨日何気なく観ていた「メンタルヘルスと経済学」をテーマにした
TV番組の中で、大槻ケンジさんが、納得の答えをくれました。

『働くことは、自分と社会・世界がつながっている証。
それが心地良ければ人は健康でいられるのでは』-at大槻ケンジさん

人は、誰しも誰かとつながっていることを実感するために働いている。
確かに、どんな仕事も実はバラバラの働きではなく、
大きな意味で共働作業をしていると言えますね。

そんな共働の気持ちは、買って下さるお客様に喜んで頂けて
初めて「心のご褒美」となり、健やかな気持ちで日々暮らしていける。

その「心のご褒美」が、なかなかフィードバックされないのが
もどかしい・・・
(本当にお客様に喜んで頂けているのかな?)実感できない不安。
逆に、お客様も不安・・・
(その商品が、自分にとってどんなステキを齎してくれるのか?)
納得できないと不安・・・

そういう不安を感じることなく、作り手から買う人まで
相手の存在を実感しあえる環境。
まるで【サラサラの血流がぐるぐる体の中を健やかにめぐる】かの様な。

そんな循環系が当り前の世の中になったら、、、
何かステキだと思いませんか(#^^#)
そしたら、メンタルヘルスで悩む人の数もうんと減って
沢山の人が自然と楽しく働けるようになるんだろうなー。

大きなことはできませんが、自分の身の回りの小さなことからでも、
そうういう気持ちで日々改善(Improve)を心掛けたいです^^

ー 2017年7月23日

creema HMJ2017 にココロイトで出展中です!

おはようございます~。

アパレル業界のニット姫
です(笑)

今日はクリーマーさん主催のHMJ2017で東京ビッグサイトに居ます♪

HMJ2017ココロイトのブース

TSUNAGARITTOのiPadタブレットケース

creema社長のDJ

↑夕べの出展社懇親会の時のクリーマー社長からのおもてなし?!w
自らMCでレコードまわしてます☆彡 多彩な方ですね♪
写真ばっかでスミマセン^^;
詳しい報告は帰神後に!

ー 2017年7月11日

度目についてー学生への講義資料作成にて

こんにちは♪
ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」をモットーに、
一般の方からのオーダーメイドから、大手アパレル・OEMメーカーでは対応してもらえないような
極小ロットのニット商品の生産サポートを含めた日本製、中国製ニット商品企画・デザインまで。
ニットのデザイン・企画という専門分野のスペシャリスト、『インプルーヴ』 の
ニット姫です(笑)

※先日、とても親しくお付き合いしていただいている
社長さんにFaceBook上で「ニット姫」と呼ばれたのが
実物とのギャップ含めて何か面白かったので
しばらくキャッチーにしてみますw

(イラストは職業講話に行った時に中学生が
感想文に落書きしくれた似顔絵です♪)

さて、この春から半年タームの約束で担当させてもらっている、大阪モード学園の
夜間「ニットスペシャリストコース・基礎」も折返し地点まで来ました。
先週漸く編機の構造説明に入り、今週はその続きで、針の動きとそれによる編地の
種類・特徴の違いなどを講義しようと思います。

ただ、実際に機械をみたことも無ければ、手編みすら初めての学生達1年生~4年生まで
20人総合クラスなので、如何にリアルにイメージさせるかに悩みます~(~_~;)

先週は講義のみだったので、約50枚用意したPPT資料で2時間丁度だったので、
今週もまあまあ同量の資料作成が・・・
(大阪MODEさま、お願いだから、今年一回で終わりにしないでね~(´・ω・`)

作成中の資料の中をちょっとご紹介^^

これは、機械編機の構造で基本となる、編み針の作動の種類、ニット・タック・ミスの
違いを説明する図です。

これらの図は、昔サラリーマン時代に習った時の資料を引っ張り出して来て、DATAベース
にし、それに加工を加えたりして作っています。
(見覚えのある人もいるでしょうね^^;)
これを、実物の編機の針を触らせたりしながら説明していきます。

それでも、その結果どんなふうに編地の組織に違いがでるのかまで理解できないと思うので、
社内資料の中から同じ糸で編んだリブ編地や片畦、両畦などの組織違いの編地を持参して
目で見て、触って、確認してもらおうと思っています。

触れさせる資料も、なるべくイイ物を手にして触感を大事にしてほしいので、今回は
カリアッジ社(CARIAGGI社)のカシミヤ(Cashmere)100%紡毛の編地をチョイス。
貴重でしょ♪

ゲージの違いと編地の違いのパートでも理解を深めるために、1種類の糸で12GG(自動機)
➡7GG(自動機)➡5GG(自動機)➡3.5GG(手横機)まで本数取りを変えて編んだ編地を
持参して、1本の糸からどのようにしてデザインの幅を広げて考えることができるかー
について説明したいと思っています。

 

そして、編機の基本知識で絶対に外せない「度目」と「巻き下げ」についての説明したいと
思っています。
度目は勿論最重要項目ですが、編地には必ず「捨て編み」を付けて編み「抜き糸」を入れて
編む意味を説明する流れでも「巻き下げ」機能の重要性を理解してもらう必要があると思うからです。

普段、何気なく当たり前に使っている「度目」。という用語も、学生達にとっては???度詰め?度甘? 
ーそんな専門用語を伝わる様に工夫する為に社内にある専門書を引っ張り出したりググってみたり・・・
(業界お仲間さまのHPなどからも情報収集させて頂いてますw有難うございます☆)

改めて、伝える難しさと、ニットの奥深さを感じ入る作業となっております~(#^^#)

先日学生から、「なんで先生はそんなに多岐に豊富な知識を持ってはるんですか!」って
聞かれたんですが・・・

やっぱ、ニットが好きだからですわ。どうやらワタシ(´艸`*)。

ー 2017年6月27日

インドから届いた荷物 

こんにちは♪ 
ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」がモットーの 『インプルーヴ』 です。

今日もムシムシする神戸の天気・・・雨降りそうで降らない^^;

そんな本日、恐らく灼熱の熱さであろう、インドはノイダという地方からの
荷物が届きました。
・・・正確には、顧問先企業の担当者さんがインド出張からハンドキャリーで持帰って
日本から梱包してくれたので、前にアップしたようなキュウキュウ状態ではないですよw

18年秋冬企画のオーガニックコットン

荷物の中身は、オーガニックコットンの2018年秋冬企画商品のファーストサンプル。

「秋冬なのにコットン?」と思った方もいらっしゃるでしょうね。
そうなんです。こちらの会社さんは年間通してコットンでニットとカットソーの商品を企画・販売されています。
春夏はカットソーの比率の方が多くなり、秋冬は横編みニットの比率が多くはなりますが、
それでもオールシーズン「コットン」です^^
その代り、糸の番手(太さ)や、編地の厚みを編み方で変えるなどして変化を持たせたりしますよ。

話を戻して。今日は≪サンプル≫のお話。
こちらの会社さんで監修させてもらっている≪サンプル≫には、
 ・ ファーストサンプル=1番最初のサンプル
 ・ セカンドサンプル(修正サンプル)=2回目のサンプル
 ・ サードサンプル若しくはPPサンプル=プロモーション用サンプル
 ・ TOPサンプル=本生産ラインでの1枚目のサンプル
 ・ 量産品抜取り検品
と、あるのですが、

中でも、毎回このファーストサンプルとのご対面が一番緊張&ワクワクの瞬間です^^

 「今回はどんな出来上がりか?」
 「イメージ通りに出来上がってる?デザインとパターンと編地は合ってる?」
 「私たちの意図は伝わってる?」
 「希望通りに編んでくれてる? 縫ってくれてる?」 
 「サイズはちゃんと出てる?」
 「決定度目通りに編地のテンションは守ってくれてる?」
 「編出しなど、しっかり品質KEEPできてそう???」

もうもう、サンプル到着日直前の私たちの脳内はこんな感じです^^;

ーそして到着したら、1着ずつ丁寧に採寸&諸々チェック。
 ➡ 先ずは採寸しながら、縫製方法など細かく目視チェック
  ➡ BODY(トルソー)に着せて、客観チェック。
   ➡ 社内メンバーで着用しあって、着心地チェック。

結果は・・・
(´・ω・`)だったり、(^◇^)だったり、(◞‸◟)だったり、\(~o~)/だったり、(゚д゚)!だったり・・・www

まだまだ来年の冬まで世間にお目見えしない商品たちなのでここでご披露はできませんが、
このインドの工場さんと初めて関わらせていただいた2015年秋冬の頃と比べたら、
随分日本の品質基準にマッチしてきてるれてるように感じ、嬉しく思います。

今は、まだまだ低価格・ファストファッションの生産拠点のインドですが、
彼らに数量だけでなく色んな利益の出し方があること、技術の磨き方、より良い商品を
つくれる誇り、歓びなどに気付き感じてもらう一助になり、
まわり回って、フェアトレードな循環の中、原綿を育ててくれているチェトナの皆さんの
生活が、少しでも良くなったらいいなーと思いを込めて、又、日本のお客様に喜んで頂ける様、
しっかりブラッシュアップさせていきたいと思います(´▽`*)
 

ー 2017年5月18日

お客様から「本当にいいね」といわれるには

こんにちは♪ 
ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」がモットーの 
『インプルーヴ』 です。

今朝の業界新聞の一面にとても共感する記事がありました。
大見出しは「作り手が流通を作る時代」
記事は合繊の素材メーカーさんが、アパレルブランドの企画・開発を行う会社に出資して、
24カ月連続でクラウドファウンディングを活用して新機能商品を発信し、コンセプトの輪を
広げるという活動を紹介する内容です。

その中で、織物メーカーさんがこんな発言をされています。
『当社は新卒を積極的に採用して、生産現場は元気。開発した合繊には「機能と技術力」が
詰まっています。
しかし、客にとっての価値」を問われると、実は良く分っていない。
正直、作る側は要望されれば何でもできる。
しかし、実際に生産したものは、客先のあいまいな要望を形にしているのであって、
消費者の声を直接聞き取って作ったわけではない。

極論すると「要望に似たもの」に過ぎないのです。
我々は作り手も理論を取り払い、「本当にいいね」と言われる素材を開発したい。』 -と。

当社はニット主軸の商品企画・デザイン~生産工場との中継役などを一貫して請け負う
仕事をしているのですが、その現場も全く同じ状態で同じ課題を抱えています。
それで、私たちもこの現状に危機感を感じ、ちょっとユニークな活動をしています。
「作り手」に「着る人」の望みをしっかりと
吸い上げて正確に伝え、その望み以上の歓びを着る人に届ける商品づくりの仕組みを
作れないだろうかーという思いで、丁度1年ほど前に立ち上げた「作り手」の想いを「着る人」に届ける
というプロジェクトです。

現在の参加者は、
● ニット工場 1社
● 小売店 1店舗
● アパレル副資材メーカー 1社
● ニット企画・デザイン会社 1社
● 仕組みコーディネーター 1社
ーの構成です。

昨年冬に、このプロジェクトで初めてのチュニックプルオーバーを
お客様に届けました。
この時は、まずはお客様ニーズを仮説で立ててデザインしたものをサンプリングし、
サンプルを通してお客様にお声を頂きました。
そんな中で頂いたのは、「Vネックは好まれない方が多い」という結果でした。

なぜ「Vネックが好きじゃない」のか?
なぜ「丸首」の方が好きなの??
・・・原因は果たして本当に「V」の形なのだろうか??? 
ー作り手みんなで話し合う中で思ったのは、
「胸元が開くのが好きじゃない」からなのでは?
➡胸が開かないVの形だったらどうなのかー。

そして、私たちはこの写真の様に胸元を「胸元が開いていないVネック」にアレンジして
お客様の元に商品をお見せしてみました。

結果は、「ああ、これなら気にならないわ~」「衿から前中心にかけてのデザインラインも
スッキリ見えていいわね^^」というご意見と共に、お客様のお手元に届けられました。

私たちは今、2作目の商品として夏の一番暑い時に「涼しい秋物プルオーバー」を届ける企画を進めています。
今回もお客様からのお声の裏に隠れている潜在ニーズに耳を傾けながら、何度か試作を繰り返し、
やっと納得いくところまで突き詰められたので極小ロットの生産に取り掛かるところです。

ここで、新聞記事に戻ってエンドユーザーのお客様から「本当にいいね」と言っていただくこととは
どうゆう事なのか・・・について、少し考えてみたいと思います。

お客様が「本当にいいね」と言って下さるときとは、その価値が伝わった時。
期待以上の満足を感じて頂けたとき。
じゃあその「価値」「満足」って、何なのでしょうか。

公式にするとしたら、
「お客様が感じた価値」-「事前期待値」
という感じと考えます。

そして、そのお客様が事前に思っている期待値を超える価値をお届けするために大切なのは、
お客様自身も気付いていないことにどれだけ応えることができるかーに尽きるのではないか、と。

我々「作り手」の想いを「着る人」に届けるPJTも、ここを最もキモにおさえて引き続き想いを
お届けしてまいりたいと思っています。

そして、私たちは、一緒にお客様の想いに応える活動に賛同・参加いただける小売店さんや
メーカーさんを常に募集しています。

ご興味がある方はいつでもお問合せフォームからご連絡くださいませ(#^^#)
活動メンバーや日頃の様子はFBページからご覧いただけます(~o~)
「作り手」の想いを「着る人」に届けるFaceBookページ

#「作り手」の想いを「着る人」に届ける
#1本の糸から未来を改善(Improve)
#ファッションを通して様々なコンプレックスで区分けなく輝ける社会・文化をデザインする

ー 2017年5月10日

【つくおも】商品企画に参加しませんか♪

こんにちは♪
ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」が
モットーの 『インプルーヴ』 です。

GW明けて、すっかり夏日の様な暑さで、街を歩く人たちの服装も一気に初夏を思わせる
軽快な印象が目立ちますね。

そんな中・・・私の手元に届いたのは、綿アンゴラの編地です。
頭の中はすでに秋です^^;
これは、当社が活動発起人に名を連ねる「作り手の想い」を「着る人に届ける」プロジェクトの
商品企画
の編地です。

「編地」とは、お洋服を作る際の「生地」に当たるもののことで、ニットの場合は、先ずその生地に
あたるものをどんな編み方で作るか、という生地づくり=編地づくりから始まります。

例えば、今秋に使用しようと思っているこの綿アンゴラの素材。
40/3という太さで売買単位は「反物」ではなく「糸」の状態です。
少し専門的な話をしますと、40/3というように分子が分母より大きい表記法は綿の番手表示で、
一般的に良く表示されている毛番手(分子より分母が大きい)に置換えると3/68=1/23となり、
我々のメンバーの工場の編機で一番相性が良い編機の種類(ゲージ)だと
1本取りで編むなら14ゲージ、
2本取りなら12ゲージとなりますが、2本取りの方が出来上がりの商品は少し重くなります。

これは1×1リブから編み始めた天竺編みの編地。

これは2目ガーター編みの編地

総針編み

ミラノリブとハーフミラノ(片袋)

スムース編み

片畦編み

この綿アンゴラで、小売店さまオリジナルの秋物商品の企画を始めます。
工場と小売店が直結して極小ロットで商品づくりをしますので、
小売店の先のエンドユーザー様のお声も丁寧にお聞きしながら作り込んでも、
今年の秋の納品に間に合います(#^^#)

昨年初めてこの素材を使用してみて、チュニックプルオーバーを「着る人」に
お届けすることができたのですが、その時にも最初は12ゲージの天竺で試作品を
作り試着してもらう中で(お客様は気付いておられませんでしたが)この度の
お客様にとってはもっと生地(編地)がしっかりした方がボディに貼りつかずに
喜んで頂けるのでは…? というところにいたり、途中で14ゲージのゴム地という組織に変更しました。

それが奏功したのかはわかりませんが、結果、好評を頂いたようです。
今年は、昨年の経験を活かし14ゲージの編機を使って少ししっかりした編地で
どんなバリエーションを出せるか、から考えてみようということになりました。
「お客様が袖を通した時に〝気持ちよくて〟〝安心感〟も感じられる生地」
=編地づくりから始めるのです。

ーということで、【生産者・ニット工場】さんに編んでもらった編地は添付写真の7種類。
写真では一見同じように見えるかもしれませんが、厚みやハリコシ感、手触り、
落ち感(ドレープ感)が其々違います。

綿アンゴラという素材の性質上、「着る人」にとっては初秋からウールの暖かさが
必須になるまでのかなり長い期間着用シーンがあると思われますし、何より
ウールのチクチク感が苦手な敏感肌の方にとっては冬でも活躍してくれる
アイテムになると思います。

こうして、編地という形で【生産者@ニット工場】からの想いのバトンを受け取り、
「着る人」がワクワクしてくれるシーンを連想しながらこの7種類の編地を経て
心地良さと安心感を届けられるよう、デザインの翼を広げてみたいと思います。

今、秋冬商品の仕入に回られている小売店の皆様!
いっそ、自店の【お客様が喜んでくれる姿が目に浮かぶ】ようなオリジナル商品を、
「仕入れる」だけではなく、「作る」という発想を加えてみませんか?

次の私たちの活動ミーティングは5/16 PM2:00~ 三ノ宮です。
少しでも興味・関心を感じられた方、ゲスト参加大歓迎です♪
直接メッセージくださいませ(^O^)/
あなたのお店のお客様に、価値ある1着をお届けする方法を真剣にお考えの方。
百聞は一見に如かずですよw
小さな行動、起してみませんか。 私たちと一緒に(^_-)-☆

#作り手の想いを着る人に届ける 
作り手の想いを着る人に届ける

ー 2017年5月8日

個人様からカシミヤセーターのオーダーを承りました②

こんにちは♪
ニットの伸びるチカラで「1本の糸から未来をインプルーヴ(改善)!」がモットーの 『インプルーヴ』 です。

今日の投稿は、先日のブログに書いた「個人様からカシミヤセーターのオーダーを承りました①」
の続きです。

先日の投稿で書き忘れた大事wなことが。。。^^;

それは、「なぜ(株)インプルーヴにお問合せを頂いたのか?」

答えは、「どこもやりたくない」、若しくは「作ることが不可能」な要望だったからです。

この度のお客様が作りたかったオリジナルのセーターは、ただのカシミヤ高級セーターではなく、
「前身ごろの真ん中にオリジナルのキャラクターの絵を編み込んだ」カシミヤセーターだったのです。

一般的なカシミヤセーターなら、日本の工場でも引き受けてくれるところがあったかもしれません。
しかし、これはそう簡単に実物化出来る要望ではなかったのです・・・
実は、編機の特性・糸のデリバリールート・データ作成のスキル・仕様設計書のレベルなど、
色んなハードルを抱えた要望だったのです。もちろんお客様は知る由もない、専門的な都合のお話です。

実際、こちらのお客様は普段お買い求めの某有名カシミヤブランドにオリジナルカラーの
オーダーをして作ってもらったりされている(恐らく超VIP顧客様)そうですが、
そちらでもオリジナル柄のセーターまでは引き受けてもらえなかったそうで・・・

それでインターネット検索を繰り返し、当社にお電話を下さったとのことでした。

最初にお聞きした時に、「既存のキャラクター(例えばサンリオのモチーフのような)は
お引き受けできないですよ」とお伝えしたところ、「オリジナルです」との事でしたので、
先ずはその柄を見せて頂きました。

それを見て、何故引き受け手がなかったのかすぐにわかりました。
ものすご~く複雑な色切替を要する柄なのです。色数も多い。
しかも「柄の切替部分がフラットな作り方を希望しています」というコメントと共に
ご自分が所有されているその編み方のセーターの写真を添付してこられたのです。

それは、インターシャという色の切替え方のテクニックが出来る編機で作られた物でした。
3色位だとジャカード編機で出来るのですが、その場合どうしても中心の柄部分と身頃との
切替部に厚味の差が出てフラットにはなりません。
かと言って、国内で流通している一般的なインターシャ編機でそこまで沢山の色切替が
出来る機械がないのです。(S精機様に確認しました^^;)

そこで、中国の手横編み機で今や中国でさえ貴重となっている技術者を有している
工場に伝手があったので、そちらにお願いして作っていただきました。

図案は、勿論当社でCADデータを起しました。(CADはS精機様にお借りしました)
お客様から預かっている柄イメージを極力残してニットの編み目に置換える作業は
なかなか根気が要る作業でもあり、センスも要します。
特に動物の柄は、ちょっとした目の表情などでイメージ画変わってしまうので特に気を
遣います^^;

こちらが、データを作っている時の様子です。

幾つかパターンを作ってどれがイメージに近いか、又1ドットずつ色を変えていきながら
よりイメージが際立ちつつ、編立可能な図案に仕上げていきます。
幾らイメージに近くても、色切替が不可能なパターンの箇所があったら再現できないですからね^^;
ーで、ある程度固まったら、今度はループシミュレーションに置換えて確認・・・

これを又繰り返して、納得がいく図案になった時点で、使用する色数(=色糸の数)を

 ①元絵ズバリに近い状態=10色使用
 ②見た目はほぼ変わらず色数を8色に圧縮
 ③ほんの少ししか使用しない色の部分を他の色に集約して6色使いに圧縮

の3種類のループシミュレーション画像を作成して、お客様に紙DATAで送付。
その際に、手配可能な実際のカシミヤの糸のカラーチップと風合い見本を同梱して
郵送させていただきました。

お客様は②の8色使いでの実物化をお望みになられました。

この時点以降は、工場にイタリアから糸を仕入れてもらわないと始まらないので
1㎏26000.-程度の糸を8色という原料代が掛かる為、御見積の50%を前払い金として
頂戴して工場に原料手配をお願いしました。

そして・・・

工場さんと幾つかの作り込みのやり取りを経て、最終的に出来上がってきた
のが、こちらの商品です。

お客様の反応にドキドキしながらお品をお届けしたところ、「若干編地が薄い気がしましたが
問題ない範囲です。満足です。」とのお返事を頂戴すると共に、残金のご入金を頂きました。

こちらの商品1着の最終のお値段は¥438,437.-(税込)です。

その後、数週間ほどして、同じ色使いでサイズ違い2着の追加オーダーを頂きました。
追加の場合、1着目の糸の残りの範囲なら原料代は掛からない旨お伝えしていました。

女性用との事でしたので、単純にサイズを小さくするだけではなく、衿ぐりの仕様など
女性らしいデザインへのアレンジのご提案などもさせてもらったので、仕様設計書は
改めて作り直しとなりましたが、原料の方が工場も色々工夫してくれて2着ギリギリ
作れましたので、こちらの2着についての最終的なお値段は、1着辺り¥88,247.-(税込)と
なりました。
2着お求めでしたので、合計¥176,494.-です。

追加商品のお届け後にお願いしたお客様アンケートの【価格について】という項目では、
5段階評価の内【●やや満足】に丸を頂戴し、
コメント欄には「仕方ないと思いますが、1枚目が高いです。3枚作ると平均価格はまずまずです」
とのコメントを寄せてくださいました。

ーという訳で、私たちもドキドキしながらお請させてもらった案件でしたが、
周りの業界お仲間方が協力してくださったお陰で、何とかお客様に満足頂けるお品を
お届けすることができました(#^^#)

ただでさえ、オーダーメイドが難しいニット業界で、この様な特殊な要望にお応えできるのは、
単なるニットのノウハウやスキルだけでなく、耳を貸して下さる協力会社さんがおられるからです。

そして、ここがあちこち探しても出来なかった事を実現できた私たちの本当の強味かもしれないなーと
思った次第でございます。。。

2 / 1512345...10...最後 »
カテゴリー
月別アーカイブ
ニットデザイン・インプルーヴTOPへ
remix style - オフィスウェアのコンサルタント
にほんブログ村 ファッションブログ トレンド情報(ファッション)へ
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ